ふるさとワーキングホリデー ふるさとワーキングホリデー
ポータルサイト

CLOSE

農業、伝統産業、観光業など、
気になるお仕事をピックアップ!
こんなお仕事があります! 農業、伝統産業、観光業など、気になるお仕事をピックアップ!こんなお仕事があります!

仲間と未来を語り合う宿で
イベントや宿運営を体験する

学生が運営する民泊&地域の拠点で自分の得意を生かしてチャレンジする

受入団体:体験と民泊もちがせ週末住人の家

もちがせ週末住人の家は、鳥取県用瀬町に最初に造られたといわれている小道の先にある30年ほど空き家だった民家を宿として学生が運営する新しい試みの施設です。この施設では地域の学生・過去のワーホリ体験者・地域の方など同世代の人々がたくさん集う貴重な場所なので、未来を語らい、自分の人生をを考えるきっかけがたくさんあります。

このもちがせ週末住人の家で「宿を持つ地域&学生コーディネーター」として、「チャレンジする大学生と暮らす宿」を運営しながら、いろいろな形でチャレンジする仲間を増やしています。

この体験では用瀬の暮らしを体験しながら、2週間の最後に参加者の得意を活かしたイベントを開催し、地域の方々と交流するイベント企画や、「もちがせ週末住人の家」を発展させる新規企画・事業の立案と宿泊業を学びながら宿運営の手伝い(掃除・料理等)をするという、大きく2つの種類の仕事があります。

また、交流イベントとして、地域住民の方々と一緒に耕作放棄地を開墾し、鳥獣被害にあわない作物を育てる畑を通じた交流イベントや、いろんな仲間が集まって一緒に鍋を囲むイベント、地域行事への参加など、幅広いイベントが盛りだくさん。また周辺地域には古民家カフェ「川のhotori用瀬」や職人の方々が空き家を改装して始めた『イエロービル』など、新しく用瀬町で挑戦する人が増えてきています。鳥取の伝統文化と、新しいチャレンジが溢れるこの「もちがせ週末住人の家」であなたも、チャレンジをしてみませんか。

実施時期
2019年01月中旬~2019年03月中旬
滞在期間
2週間~3週間程度
募集人数
8人
業務内容
事業立案・イベント企画・宿の運営
勤務時間
9時~17時のうち4時間(週4日)
賃金
時給800円
所在地
鳥取県鳥取市用瀬町
滞在先
体験と民泊もちがせ週末住人の家(体験型民泊) 宿泊料3,000円/泊
備考
宿泊助成 上限3,000円/泊、県内交通助成 上限1,000円/日、来県旅費助成 上限20,000円/往復

この仕事のお問い合わせ先

鳥取県とっとり暮らし支援課

住所
〒680-8570 鳥取県鳥取市東町一丁目220番地
電話番号
0857-26-7652
FAX番号
0857-26-8196
ホームページ
http://www.pref.tottori.lg.jp/277944.htm

説明会情報検索はこちらから

CLICK

説明会情報 検索はこちらから

説明会情報検索はこちらから

CLICK

説明会情報 検索はこちらから