ふるさとワーキングホリデーに参加される皆様へ 〜コロナウイルス感染症防止のために〜

ご自身や、周りの方、そして地域を新型コロナウイルスの感染拡大から守るため、
ふるさとワーホリの参加にあたって、ご協力いただきたい基本的な事項をご案内します。
詳細につきましては、参加自治体および勤務先のガイドラインに従ってください。
特に高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重に行ってください。

日常生活を営む上での基本的な対策

感染防止の3つの基本は、
①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗い です。

  • 人との間隔は、
    できるだけ2m(最低1m)空ける
  • 会話をする際は、
    可能な限り真正面を避ける
  • 「3密」を回避する
    (密集、密接、密閉)
  • こまめに換気する
  • 外出から帰ったらまず手や顔を洗う
  • 人混みの多い場所に行った後は、
    できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる
  • 手洗いは30秒程度かけて水と石けんで
    丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)
  • 一人ひとりの健康状態に応じた運動や
    食事、禁煙等、適切な生活習慣の理解・実行
  • 毎朝の体温測定、健康チェック。
    発熱又は風邪の症状がある場合は
    ムリせず自宅で療養
  • 外出時や屋内でも会話をするとき、
    人との間隔が十分とれない場合は、
    症状がなくてもマスクを着用する
    (咳エチケットの徹底)
    ※夏場は、熱中症に十分注意

ふるさとワーホリ参加にあたっての注意点

出発前に
チェック

  • 万一体調に異変があった場合は、
    参加を予定していてもキャンセルする
    (自治体の担当者へ要連絡)
  • 感染が流行している地域からの移動、
    感染が流行している地域への移動は控える
  • 地域の感染状況に注意する

現地への
公共交通機関

  • 会話は控えめに
  • 混んでいる時間帯を
    避ける

現地での
生活では

  • 上記の「基本的な対策」を実行する
  • 料理は大皿を避けて、
    料理は個別に盛り付ける
  • 対面ではなく横並びで座る
  • おしゃべりは控えめに
  • お酌、グラスやお猪口の
    回し飲みは避ける
  • タオルなどは
    参加者同士で共有しない
  • 衣服はこまめに洗濯する
  • 発症したときのため、
    誰とどこで会ったかをメモしておく
  • 接触確認アプリ*を活用する

接触確認アプリとは?

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプ『COCOA』を開発。本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

詳細は厚生労働省のWEBサイトをご覧ください。