地域の仕事から探す

【気仙沼】街の風土を感じながら、地元の酒造りに携わる!

 

いつもとちがう日常を。

 

気仙沼という場所。

いつもの肩書きは関係なく、一人の人間として向き合ってくれる人がいる。

自分の理想の暮らし方を実現している身近な存在がいる。

ちいさな一歩を踏み出すきっかけがある。

そんな環境の中で、純粋に自分のしたい選択に向き合える場所。

 

気仙沼のふるさとワーキングホリデーは、

ひとと出会い、はなしを聴く、はなしをしてみる、

普段しない経験をしてみる、はたらいてみる、

ときには、肩の荷をおろして、考えてみる、

そんな、いつもとちがう日常の中で過ごす9泊10日。

 

ここでの時間を一緒につくり、過ごしませんか? 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

気仙沼市のプログラムが気になる方はぜひ「オンライン説明会」にご参加ください^^

【12/13開催】宮城県気仙沼市ふるさとワーキングホリデー説明会

 

  どんな人におすすめ?  

●自分のやりたいこと・好きなことをみつけたい、視野を広げたいと思う方

●肩の荷をおろして、これからをゆっくり考えたいと思う方

●地域に興味がある、地方ではたらいてみたい方

 

  就労先について  

大正元年に創業し、今年で110年を迎える老舗酒蔵。

気仙沼は漁業が盛んな街で、漁師産や漁業関係者の方などの「お酒の飲み手」がいました。

そんな方々に、地元で造った日本酒を届けるべく始まったのが「男山本店」です。

「蒼天伝」を中心に「気仙沼男山」「美禄」の3種類を異なるコンセプトのもと製造し国内外に届けています。

気仙沼の地酒として風土を生かし、人と人・人と自然を大切にしながら、丹精込めて酒作りをされています。

酒造りから販売までの流れを間近で経験することで見える、「人」や「気仙沼」を是非感じて下さい。お待ちしております。

 

  スケジュールとコンテンツ(一例)  

想定される日々の流れを3パターン掲載しました。
実際の企画は、皆様の活動したい内容によって、柔軟に変更いたします。

 

コンテンツの用意ももちろんありますが、
だいじなのは、あなたがどんな9泊10日をすごしたいのか、どんなことをやりたいのかを考えてみること。
一緒に9泊10日の時間をつくっていきましょう。

 

 ホリデーの活動内容  

1)気仙沼市内の観光

 →到着翌日に、スタッフが気仙沼市内の観光をいたします。

2)気仙沼の「ひと」と出会う

 →滞在場所のゲストハウス架け橋で地元の人と出会ったり、移住して活躍している人の話を聞いてみたりします。

3)ものづくり体験

 →気仙沼で活動している人のところで、一緒に参加する仲間とキャンドルづくりや箸づくり体験をします。

 

※参加者の希望によって変更する場合がございます。
※ものづくり体験は、希望者に別途料金発生いたします(事前にヒアリング予定)。

 

  活動イメージ写真  

  参加までの流れ  

①応募(活動開始約1ヶ月前まで)
ページ下部の お問い合わせはこちら のフォームから応募してください。
(お問い合わせ内容は、「求人について」を選択してください。)
その他、相談したいこと等がございました場合も、お問い合わせフォームをご活用ください。

②面談(活動開始約20日前まで)
参加希望者にはお一人ずつ、個別面談のお時間をいただいています。
気仙沼での滞在期間がよりよいものになりますように、
みなさんについてのお話しをすこし聞かせてもらえたらと思います。
合否を決めるような面接ではありませんので、気軽にご参加ください^^

③就労企業説明会(活動開始18日前まで)
参加を希望されている時期に就労が可能な就労企業さんについての説明を、
参加するタームメンバーとの顔合わせも兼ねて行っていますので
可能なかぎりで、みなさんにはご参加をいただいています。
この説明会の後に、再度就労先希望をお伺いしますので
面談時に希望が定まっていなくても安心してくださいね。

④受入相談・受入可否(活動開始10日前まで)
お伺いした就労先希望をもとに、私たちで企業さんとの調整を行います。
最終的に確定した就労先企業さんの情報を、参加10日前までにメールでご連絡いたします。

⑤PCR検査のお願い(活動開始3日前〜前日までに)
コロナウィルス対策として、気仙沼に来ていただく前に
ご自身でPCR検査を受けてきていただきます。
※参加前日までには結果がわかるよう、活動開始3日前に
 検査を受けていただくことをおすすめしております。
結果が陰性であることを確認した上でプログラムスタートとなります。

 

 募集要項 

●対象者:大学生、社会人1〜3年生
※上記に必ず該当する必要はありません。興味のある方は気軽にご応募ください!

●参加費:8,000円
※別途現地徴収として
・震災語り部代(2,000円)
・キャンドルづくり、塩づくり体験、箸づくりなど(参加者のうち、希望者の一部が利用する場合のみ) など

●日時:9泊10日
<第11ターム:12月14日〜12月23日>
応募〆切:11月19日
就労企業説明会:11月23日

→募集は終了いたしました。

現在募集中のターム

<第16ターム:3月7日〜3月16日>
応募〆切:2月10日
就労企業説明会:2月16日 19:00~

<第17ターム:3月20日~3月29日>
応募〆切:2月15日
就労企業説明会:2月28日 19:00~

<FREEターム:希望の7泊8日以上30泊31日未満>
応募〆切:活動開始25日前
就労企業説明会:お問い合わせ時に調整

※参加ご希望の方はお早めにご相談ください。
※応募が締め切ってしまった場合は、お問合せ時にご相談下さい。

 

気仙沼市ふるさとワーキングホリデー事務局

企画担当:今村 ちひろ (いまむら ちひろ)

TEL:0226-29-6514  FAX:0226-25-7523
MAIL:info@kakehashi0311.com

募集情報
団体名
株式会社男山本店
勤務先住所
気仙沼市入沢3−8 or 気仙沼市魚町2−2−12
勤務先URL
https://www.kesennuma.co.jp
実施時期
9月1日〜12月31日
滞在期間
2週間〜(要相談)
募集人数
同時受入人数1~2名
業務内容
日本酒の販売、製品化補助
勤務時間
9:00~17:00の間で6時間程度
シフト
週4日から
賃金
時給883円
免許・資格等
不問
参加条件
お酒が好きな方、日本酒のことをもっと広めたいと思う方
備考

お酒が好きな方であれば、専門知識がなくても問題ありません。

宿泊について
滞在先
・気仙沼ゲストハウス”架け橋” https://kakehashi0311.com/ ・気仙沼シェアハウスotonari
滞在費
自己負担なし

お問い合わせ先

担当部署
認定NPO法人Cloud JAPAN
住所
〒988-0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3
電話番号
0226-29-6514

この地域の他の仕事

お問い合わせ

認定NPO法人Cloud JAPANへのお問い合わせ
下記入力フォームにお問い合わせ内容をご入力のうえ、『送信する』ボタンを押してください。

    お名前

    メールアドレス

    ご入力いただいたメールアドレス宛に認定NPO法人Cloud JAPANよりご回答いたします。

    お問い合わせ内容

    本文

    「送信する」ボタンを押して送信いただくことで、当サイトのプライバシーポリシーに同意の上、お問い合わせをされたことになります。


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    レビューの投稿

    レビューを投稿するにはパスワードが必要となります。

    パスワード

    年代

    性別

    職業

    滞在期間

    コメント