ふるさとワーキングホリデー ふるさとワーキングホリデー
ポータルサイト

CLOSE

農業、伝統産業、観光業など、
気になるお仕事をピックアップ!
こんなお仕事があります! 農業、伝統産業、観光業など、気になるお仕事をピックアップ!こんなお仕事があります!

いろいろな仕事で
秩父別の魅力を
創り出すお手伝い

温泉施設・キッズスクエアちっくるなどのPR・運営・接客/ふるさと納税商品発送

受入団体:株式会社秩父別振興公社

地域と密着し、地産地消に関わる仕事をしている株式会社秩父別振興公社。

朝もぎで完熟したトマトから作ったトマトジューズ「あかずきんちゃん」の製造販売や、秩父別温泉宿「ちっぷゆう&ゆ」の管理運営、ふるさと納税の商品の発送業務などなど、もの作りから販売・施設運営など非常に幅広い業務を行っている企業なので、ふるさとワーキングホリデーの募集では可能な限り参加者の希望に沿う業務内容を提供したいと考えています。

 

お仕事の参考例として、昨年参加された2名の業務内容をご紹介いたします。

お仕事内容:その1

公務員志望の大学生の方に、役場の担当者からふるさと納税のシステムを説明したのち、ふるさと納税の返礼品発送業務を行っていただきました。また、英語が堪能で国際交流にも興味があるとのことだったので、温泉などの案内の英訳や、留学生と交流できる「みそ作り合宿」の運営補助を行っていただきました。

 

お仕事内容:その2

接客経験のある大学生の方に、温泉での受付やイベント運営業務、農産物加工センター(町民が味噌や豆腐を加工できる施設)での作業補助等を行っていただきました。いずれの施設も地域住民の方の利用が多く、たくさんの方と交流することができました。

 

秩父別町(ちっぷべつちょう)は人口約2400人の、北海道で2番目に面積の小さなまちです。その小さな町の大部分が農地となっており、お米やブロッコリー、トマトなどを栽培しています。ふるさとワーキングホリデーの実施期間は冬のため、雪の心配もあると思いますが、秩父別町は道路の除排雪が行き届いているため、不慣れな雪道でも安心して生活することができます。また、天気の良い日には、畑に降り積もった新雪がキラキラと輝く美しい「ダイヤモンドダスト」を見ることができます。

期間中の滞在先は平成29年にリフォームしたばかりの移住体験住宅で、家具家電、食器類もそろっており、スーパーや職場から徒歩5~10分で移動できる便利な場所に立地しています。秩父別駅から札幌駅まで約1時間10分、旭川駅まで約30分と主要都市へのアクセスも良好なので、休日は秩父別を拠点に北海道のさまざまな観光地を巡ることも可能です。

期間中にはさまざまな交流イベントも予定されていますので、秩父別町の文化や自然、そして地域の方々と触れ合ってみてはいかがでしょうか?

実施予定の交流イベント

  • 平成31年2月12日~14日 / その他

    みそ作り合宿

  • 2月中旬 / 地域行事

    冬のイベント

  • 通年 / 勉強会

    秩父別について学習

  • 1月下旬 / その他

    雪像作り

実施時期
2018年11月上旬~2019年03月下旬
滞在期間
2週間程度(応相談)※受入団体で勤務する期間です。別途移動日等が必要な場合もありますので、詳細はご相談ください。
募集人数
延べ2~3名(一時に1名まで)
業務内容
温泉施設・キッズスクエアちっくるなどのPR・運営・接客/ふるさと納税商品発送
勤務時間
8:00~17:00
賃金
日給 7,500円
免許・資格等
普通自動車免許
所在地
北海道秩父別町
滞在先
秩父別町移住体験住宅A
備考
業務内容、契約期間についてはご希望に応じてご相談のうえで決定いたしますので、お気軽にお問合せください。町内でイベントが開催されるときには就業時間が変更となることがあります。

この仕事のお問い合わせ先

秩父別町企画課

住所
〒078-2192 北海道雨竜郡秩父別町4101番地
電話番号
0164-33-2111

説明会情報検索はこちらから

CLICK

説明会情報 検索はこちらから

説明会情報検索はこちらから

CLICK

説明会情報 検索はこちらから